お腹の赤ちゃんをしっかり守る栄養素「葉酸」

葉酸はお腹の赤ちゃんを守ることができる栄養素といわれています。
葉酸とはどのような栄養素で、お腹の赤ちゃんに対してどのような役割を果たすのでしょうか。
葉酸とは、水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群に分けられます。
葉酸という名前の通り、植物に多く含まれている栄養素です。葉酸の主な働きは、赤血球を合成すること、アミノ酸やタンパク質を合成すること、DNAを構成する核酸の合成などがあります。
葉酸が赤ちゃんを守るのに大切な理由としては、二つの理由があります。
一つ目は核酸を合成する作用です。
核酸とは、遺伝物質であるDNAを構成するものですから、葉酸を摂取することで核酸の合成が活発になり、赤ちゃんの先天異常を防ぐ働きがあります。
二つ目は赤血球を合成する作用です。葉酸が赤血球を合成することで、赤ちゃんの栄養不足が防げるほか、妊婦の貧血防止にも役立ちます。
多くの人たちは、妊娠が分かると葉酸が必要と考えがちで、妊娠が分かった後に葉酸が含まれた食品やサプリを摂取する傾向が見られますが、葉酸が最も必要な時期は妊娠直後なので、普段から葉酸を摂取しておくことが大切です。
お腹の赤ちゃんが元気に生まれてくるために、葉酸を日頃から摂取することを心がけておきましょう。